1. お知らせ
  2. 受験体験を改善する機能のリリース

受験体験を改善する機能のリリース

受験体験を改善する機能のリリース

codecheck ご利用企業の皆様

お世話になっております。codecheck チームです。
いつも codecheck をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

このたび、機能改善・修正のリリースを行いましたのでお知らせします。

主なリリース内容

  • 機能改善
    • 問題のタイマー開始が「問題を読み始める直前」になるように改善
    • URL試験におけるリダイレクトの挙動を改善
    • セキュリティに関する幾つかの改善
    • 細かなユーザビリティの改善
  • 機能修正
    • Web エディタ上でファイル下にファイルが作成できる問題の修正
    • 表示言語がブラウザの言語と一致していなかった問題の修正
    • 採点履歴のグラフ表示を修正
    • その他細かなレイアウトの修正

主な機能改善および修正内容

チャレンジのタイマー開始が「問題を読み始める直前」になるように改善

今までは言語選択の前からチャレンジのタイマーが開始していましたが、タイマーの開始が「問題を読み始める直前」になりました。
また、今回のリリースによりエディタ内にてチャレンジ開始のダイアログが表示されるようになります。

エディタ内でチャレンジ開始のダイアログが表示される

URL試験におけるリダイレクトの挙動を改善

今回のリリースによって、URL 試験において、アカウントを持っていないユーザーが URL にアクセスした際にリダイレクトされる先が「ログインページ」から「ユーザー登録ページ」に変更されました。
これにより、よりスムーズに受験を開始できるようになります。

Web エディタ上でファイル下にファイルが作成できる問題の修正

新規ファイルを作成する際に、ファイルの下にファイルを生成できてしまうバグを修正しました。
このバグにより、一度エディタ画面を閉じるとエディタ画面が開けなくなってしまう問題が発生していました。

表示言語がブラウザの言語と一致していなかった問題の修正

ブラウザの言語が日本語にも関わらず、メニューなどが英語で表示されてしまう問題を修正しました。


codecheckではご利用企業様の効率的で本質的なエンジニア採用をご支援すべく、
これからも日々、機能の改善に努めてまいります。

それでは引き続きよろしくお願い致します。

codecheck チーム